デブを改めたい。

双極性障害Ⅱ型と診断され7年。身も心もスッキリしたい。

ピアノ教育に興味がある

 

 

 

「ごきげんいかが?どんな服を着ているの?お通じはまだいいかい?快く仲直りをしてくれない?さもないと、ぼくの名誉にかけて、バーンと一発やらかすぞ! どうせきみは笑っているな―万歳(ヴィクトリア)! 僕らのお尻を和平条約調印のしるしとしよう!」


モーツァルトの手紙より

 

最近、ピアノ教育に興味がある。

というのは、クラシック界に名を残したスター達はどう考えても社会に適合できないクソダメ人間が多かったからだ。音楽がなければただの人、というよりは音楽がなければ人として終わってるという感じ。

彼らには豊かな才能と突出した集中力があったに違いない。彼らは特別な人間であって我々のような凡人とはかけ離れた存在だ、と言われればそうなのかもしれないが、果たしてそうなのだろうか。

私は19歳くらいまでピアノを習っていたが、ピアノって毎日、何時間もやらないと上手くならない。当然私はできなかった。子どもが毎日何時間も同じことをやり続けるのは結構至難の業だと思っていて、やり続けることはできたとしてもモチベーションを保つのもまた更に至難の業。彼らの親はどういう教育を施していたのだろう。(パワハラ的な世界があったにはあったのだろうが)

私は彼らの中にはADHD的気質を持っていた人達が結構いると思っていて、数奇というか苦労の耐えない人生を送りながらも、一つのことを続けてきたというのは、彼らを見習って真似できることがたくさんあると思う。

 

楽家達のクソダメエピソードを聞いていると、「できる人」というのは「どこかが欠けている人」なんだと思う。そう言われてみれば私自身、周りのできる人で全てが完璧な人を見たことがない。

まずできる人というのは何だろう。できる人の定義はたくさんあるのだろうけど、どの定義のできる人であれ共通しているのは、「続けることができる人」「辞めどきを知っている人」だと思う。あんまりやる気だの根性だのは関係ない気がする。

できる人は、まず休むのが上手い。自分を甘やかすのがとても上手い。あと結構自分勝手な人も多い。「なにかが欠けていることに躍起にならない」。足し算より引き算思考の傾向が多い気がする。やる気と根性、完璧主義は最も遠ざけていいものだと思う。 

 


自己啓発的な本で、やる気を鼓舞する本はたくさんでてるけれど、もっと「良い休み方」「手の抜き方」「上手いサボり方」とかそういうテーマに焦点を当ててみた方がいいと思う。「できるとアッパラピーな生き方の両立」とか。やる気なんて大概の日本人はあるって。真面目な方だって。

尊敬する人がいたら、その人の仕事のやり方だけを真似するんじゃなくて、その人の休み方やダメな部分も観察したほうがいい。と思いますよ。

 

 

かなり駄文にはなってしまったが、映画「シャイン」を見ていたら、ふとそんなことを思ってしまったのである。(シャインは天才ピアニストデイヴィッドの人生を描いた実話映画。興味がある人はぜひ)この映画を見てると幼い時の自分を見てるようで辛かったし胸糞悪いのオンパレードだったのだが、ラストの方でいい風になっていく。デイヴィッドは精神が崩壊することでそれまでの何かが「欠けた」。そこから本当の自分を取り戻していく。ラストに注目して見てもらいたい。

 

 

 

 

 

 

知りたかった今日

35歳で死にたい。

 

そう真面目に思っている。生きてるのは楽しいけれど、やっぱり辛い。辛い部分が今の私には多すぎるのだ。毎日の体のコントロールは思いの外しんどい。キツイ。以前のブログにも書いた通り、このしんどい毎日があと50年も続くのなら、体のいちいちのことが気にならない5年を過ごして、35歳のある日ポックリ行くほうが幸せに思う。心からそう思う。

 

でも私は寿命を決めれない。

 

35歳で死にたいとか実際に友達やいろんな人の前で言っちゃったら、周りの罵声しか聞こえない気がする。命を無駄にするな、生まれたことに感謝しなさいとか、そんなありきたりのこと。

 

よく「あなたが生きてる今日は、誰かが生きたかった今日なんだよ」という自殺を食い止めるキャッチコピーのようなものが存在する。ありきたりだけど、結構腑に落ちてしまいそうな言葉だ。命を無駄にするな、より説得力がある気がする。

 

でも全く私には届かない。なんていうか、そんなこと知らねーよ、あんたの生きたかった今日を生きてるわけじゃないよ。私は私のデコボコ道を今日は今日とて生きてるわけで、あんたの人生を歩んでるんじゃないよ。あんたの人生だったら私も死にたいとすら思わなかったかもしれない。ハッピーな人生で羨ましいわと思ってしまう。(全部がハッピーな人生なんかないのも知っている みんなも苦しいことがあるのも知っているけれど)

 

でもある日、私は誰かが生きたかった今日を誰かが知りたかった今日に置き換えてみたらまだ、心にすんなり落ち着くような気がして来た。なんかそっちの方が共感できる気がする。

「あなたが生きてる今日は、誰かが知りたかった今日なんだよ」こっちの方がすんなり来る。


確かにある日ポックリいっちゃえれば、それはそれでもう願っても無いことなんだけれど、まだ私がみっともない毎日を過ごしながら死んでないのは「知りたい」という気持ちがあるのだと思う。それは死なない理由の一つではあると思う。

 

例えばだけど、友だちの子どもがどんな風に成長するかはかなり気になるし、生き続けた結果私はどんな人間になるんだろう 無職のままか 何か人に役立つことができているのだろうか、なんて自己実現のような欲求もまだあるみたいだし、ババアになったらどんなファッションをしてるのか 2050年のファッションはどんな流行なのか(私はファッションが好きだ)、とかもちょっと見てみたくもある。彼氏はどういう感じでくたばるんかな、とか。(彼氏は呑気な人だから苦しんでる姿が想像できない)

 

良い天気のときに、心地よい風に吹かれて気持ちよかったりすると案外生きててよかったなんて単純に思う。私は今の季節のような風にたそがれてぼんやりする時間が大好きなのだ。

 

死んだ誰かが知りたかったこと
死んだ誰かが感じたかった今日のサイコーな天気

とかなら、なんか、腑に落ちる。


知りたいことがまだ私には少なからずあるな、とは思う。死にたいくらい悩んでる人ってなにか答えが知りたくて悩んでることも多いし。人って結構「知りたい」に突き動かされているんだなぁと思う。

 

でもなかなか生きること、すなわち健康を維持するのって難しい。今日を生きたいと切実に願う人も、今日死にたいと希望する人もどちらもいろんな意味合いで健やかでないのは共通している気がする。命ってグラグラ揺れてるんだね。きっと。

 

 

 

人間関係はフェアプレー

 

 

 

最近、「心を患ってしまった人 対 それをケアする人」のバトルについて相談されました。簡単に言えば、鬱になった人によかれと思って相談に乗っていたら鬱の人に暴言を吐かれて自分自身の心が参ってしまったという話です。この手の話が多いな〜と思ったので今日は書いてみようと思います。

 

うーん、悩ましい。
何故私がこの手の話を聞いて「悩ましい」という感想になるかと言うと、どっちの立場の人の気持ちが多からずとも分かるからです。つまりは、暴言を吐かれた人の気持ちも分かるし、鬱の人が暴言を吐いてしまう状況も分からなくはないからです。私は中立の立場をとってしまう。

 

鬱になった時に、周りが色々アドバイスしますよね。「外に出てみたら?」「しばらく仕事休んでみたら?」などなど。私が経験して感じるのは、どのアドバイスに満額回答なんてないってことです。「外に出てみたら?」というアドバイスに対しては、外に出れるだけの体力がある患者さんもいますし、外にも出る体力もない家で篭るしかないっていう患者さんもいる。「仕事休んでみたら?」というアドバイスにも「仕事休んでいいんや」とホッとする人もいれば、「仕事なんて休める状況じゃない。そもそもお金のことはどうするんだ」って逆に怒っちゃう人もいる。

このアドバイスのちょっとした行き違いでもトラブルの元になることもあるなーと。

鬱の時ってただでさえ気分もどんよりしてるし、視野も心の度量もなくなるから、他人から言われたことをただでさえマイナスに受け取ることは多いな、と。他人から貰ったアドバイスでさえも最悪のパターン、「攻撃された」にすり替えてしまう場合もあると思います。なかなかプラスに受け取れないですよね。自分はこんなに苦しいのに、周りは無責任なことばっかり言いやがって。みたいに思っても仕方のない状況、といいますか。

 

 

でもね、自分は病気だからといって暴言を吐いてもいいのか?という問いに関しては、全力でNOと言いたい。それは、自分の病気を凶器に変換して相手を攻撃しているのも同然です。
そして、ケアしてる人も自分の言った言葉で鬱の友だちや家族を余計傷つけてしまった、と自分を責めないでほしい。さっきも言った通り、この状況の患者さんに対して満額回答のアドバイスなんてないんです。ほんとに。患者さんの言うことに全部寄り添うことなんて絶対無理です。それはスペシャリストと言われている精神科医やカウンセラーの方でも無理なんだから。素人のあなたができなくて当然と思って頂ければな、と。というか側にいてくれる優しい気持ちだけで、どんなに励みになることか。

 

とは言うものの、自分が攻撃しているかどうか、暴言を吐いてるかどうかすら分からず冷静になれない患者さんもいるし、精神的な病気に対する理解もなくて肩身の狭い思いをすることもあるので、健康な人を妬ましく思ったりしてしまうのも仕方のないこの社会の状況…とも思うので、ほんとにこのケアされる側とケアする側の間で起こるトラブルは難しいなと、毎回聞くたびに思います。両方の気持ちが分かるだけに。

 

でも、この難しい問題を解決するための魔法の言葉があると思います。それは、「ありがとう」「ごめんなさい」を使うということです。そう、幼稚園に帰るのです。
もし周りに暴言を吐いてしまったり、当たってしまった時、その時即座に言えなくても、時間が経ってからでも「あの時あんなこと言ってごめんね」と言いましょう。「いつも一緒にいてくれてありがとう」とも。
「自分が今しんどい状況なので、心配させるけど見守ってね」など素直にお願いしましょう。そう言われるだけで、ケアする側は救われます。あなたも友だちや家族を失わずに済みます。案外簡単なことだと思います。

 

 

「病気だから、障害者だからなんでもしていい・言いたい放題言っていい」っていうのは、やっぱり違うと思います。それって健康な人を逆に差別していませんか?あなたが自分の病気の理解のなさを嫌がるのと同じように、あなたも健康な人の気持ちへの理解がないと思いませんか?健康な人だって気持ちがあります。普通に傷つくし、失敗することだってあります。人間関係はどんな場合もフェアプレーです。フェアプレーが出来ず、相手に言い過ぎた時は「ありがとう」と「ごめんね」をたくさん使いましょう。

 

 

長々、正義の味方みたいに書きましたが、私も暴言を吐いたり 喧嘩したり 人間関係の縁が切れるということを沢山してきました。沢山の失敗をしてきて、沢山怒ったり悲しい思いをしてきた上で、やっぱり「人間関係はフェアプレー」だと思うのです。

 

 

最後に完全なるわたしの独り言だけど…。
なんか…Twitterのプロフィールに「我はADHDだ」「我は双極性障害だ」などと障害名を掲げておいて、ツイートは言いたい放題の方を見かけるんですが、それってどうなんかな?と。言いたい放題の背景として社会で平等に扱われていないというフラストレーションをすごく感じるのですが、そんな言いたい放題して病気の理解が広まったり差別が無くなると思ってるのかな?とたまに疑問に思います。逆にそんなことしたら、私達は煙たがれるのでは?
自分の非があるごとに、病気を言い訳にする人も頂けないな、と。病気と関係ないことでも、病気を言い訳にするのってどうなの?
はっきり言って、病気に対する正しい理解を啓蒙したい側からすると、やりたい放題の方の存在は迷惑でしかありません。怒りすら感じる時がある。


ツイートも人間関係も基本はフェアプレーだと思います。病気という切り札は、正しい場面で正しく出しましょう。

 

デスノートに書かれて消えたい



不安。いつになれば穏やかな日が来るのだろうか。そんな日は来ない、嘆いたって仕方がない。与えられて生きなさいと言われた病気だから黙ってやり過ごすしかない。


でもたまにやり切れなくなる、というか治療にめげて疲れてしまう。


みんなが当たり前にしていること、一つ一つを行動に起こすのが怖い。例えば、人に連絡すること一つにしても躊躇してしまう。LINEで元気?と聞く程度のコミュニケーションだって躊躇するのだ。いちいち連絡する前に悩んでしまう。「人とコミュニケーションを取って 傷つくのが怖いから連絡するのに躊躇してしまう」という理由だったらまだかわいい方だと思う。そんな不安、少女漫画みたいやんけ、と思う。「人と連絡を取って それを引き金に躁状態になったらどうしよう」と不安になってしまう。連絡することそのものが恐怖なのだ。おかげさまで人と連絡をとることも億劫になってしまい、コミュニケーションを取ることが圧倒的に減ってしまったため、ちょっとお茶するだけでもすごく体がこわばってしまう。辛い。


とにかく生活の細々とした部分で、躁と鬱のちょうどいい間にいれるよう、自分を意識的にコントロールする作業が疲れる。すごくエネルギーを割いてしまう。クタクタになる。

週に一回くらい 自分を操縦している自分自身というものに疲弊し訳が分からなくなって、こんな生活が続くのかと思うとゾッとする。


正直こんな不安でクタクタになる生活があと30年続くのならば、私は病気の不安がない安心した生活を1年送って死ぬ方がマシだって思う。

自分の身体のことを気にせず、やりたいことを気にせずやれる人間らしい生活、あこがれる。

でもそんな日は私に来ない。だから早めに死んでしまいたい。命を無駄にするなって怒られるかもしれないけど、本当に疲れるんです耐えれなくなるんです。



双極性障害のカラクリに気づいたから良かった、じゃなかった。気づいたら「自分操縦生活」が待っていた、やってみたらすごく難しかった。24時間気が抜けない。あぁ、疲れた。


みんなは平坦な精神状態でいれるのが楽なんだと思う。ていうか普通なんだと思う。私は平坦な精神状態を維持するのがすごく難しい。多分こんなこと言っても分からないだろうけど。



日記をつける【実践編】

 

 

前回の記事で「日記をつける」ことをオススメしましたが、今回は「実際の日記のつけ方」を書きます。この方法はスケジュール帳・日記・体のバロメーター表の3つを兼ね備えたものなので、なかなか便利なことを考えたものだなぁと自画自賛している。私の書き方も良かったら参考にしてくだされ。

 

 まずウィークリータイプの手帳を用意します。私は無印良品のマンスリー・ウィークリーノート(A5サイズ)を使用。無印良品のウィークリータイプの手帳には、週間バーチカルタイプと週間レフトタイプの2種類があるので、レフトタイプを選んでくださいね。私の真似をしようと思う稀有な方がいればの話ですが…。

 

www.muji.net 

 

 

f:id:xxs_yuki:20180304145916p:plain

無印ウィークリーノート。週間レフトタイプ。

 

f:id:xxs_yuki:20180304145446j:plain

マンスリーのコーナー。ここにはスケジュールを書く。まぁ普通。

 

f:id:xxs_yuki:20180304145511j:plain

ウィークリーのコーナー。左が一週間の予定、右が方眼紙になっている。

 

f:id:xxs_yuki:20180304145547j:plain

これで一日に付き3項目のスペースができる

①日記コーナー・・・今日の気分、気持ち、やったこと

②体のバロメーターコーナー・・・体重、基礎体温、天気などなど。

③今日食べたもののコーナー・・・ここは基本的に自由。

 

 

f:id:xxs_yuki:20180304145623j:plain

実際に書いてみるとこんな感じ。架空の人物の日記なので、内容は気にしない。

 

日記のつけ方以上です。みんなも自分なりのノートのつけ方を見つけよう!書く(描く)って楽しい。 

 

 

 

日記をつける【メリット編】

 


今までの人生で、人に醜態を晒しまくりロクなことをして来なかったのですが、10年間続けて唯一良かったことがあるので、今日はそれを紹介しようと思います。すごくカッコつけた言い方をすると、病気のためのライフハックとでもいいましょうか。

 

それは日記をつけるということです。

 

鬱病になって、お医者様やカウンセラーの方から「日記をつけてみてはいかがですか」と勧められたことはありませんか?そう言われた人は、たくさんいると思います。私もかく言われた人間の一人です。私は、そう勧められて素直に行動したかと言うとそうではありません。なんなら面倒くさいなと思ったし、日記を付けてなんの意味があるんかいな?と。日記を付けて、鬱が治るとは到底思えなかった。
日記を付けてみることが鬱の回復に直結するのか、実際にやってみた感想を言うと、全く直結しません。ただただ、病気と上手く付き合うための材料の一つにしか過ぎません。やっておいたらお得かも、ぐらいです。自分という人間のデータベースを作っておいて、困った時に辞書や文献のように引っ張り出して、参考にするという感覚と言えば分かりやすいでしょうか。

 

私が日記をつけ始めたきっかけは、鬱のためでもなんでもなくレコーディングダイエットのためでした。一日食した物とそのカロリーを記録し、体重を減らしていくというアレです。当時、摂食障害で15kgほど太ってしまったので、体重を元に戻そうと思いやり始めたのでした。ウィークリータイプの手帳を購入し、食べたものとカロリーを記録するだけでは物足りなく感じたので、空いているスペースにひとこと日記を添えてみたんです。今日の気分とか、今日やったこととか。それを半年ほど続け体重は元に戻ったのですが、手帳をつけるのが癖になってしまい、なんやかんやで今も続いています。元に戻した体重をなんとか維持したいという、意地汚さというか執念深さがあったから続いたのかも。

 

f:id:xxs_yuki:20180227174925j:plain

 

摂食障害で通院しているうちに、私は双極性障害という診断が下るのですが、この溜まりに溜まった日記が双極性障害という病気の実態を観察するのに、役に立ったと思います。自分がどういう過程でテンションが上がっていくのか下がっていくのか、鬱と躁のサイクルはどのくらいのスパンで起きるのか、というのを統計的に見れた気がします。双極性障害3年生の時に、そういうことが観察できたわけではないですよ。10年生の時に、日記を10年分ザッと見直して分かった感じです。日記を付けたところで病気が分かるというものではなく、自分への客観性がある程度付いて来た時に、日記が参考資料として役に立ったという感じです。日記は時間がたたないと溜まっていかないし、自分への客観性というのもある程度の時間をかけないと身につかないスキルだと思います。自分と病気の折り合いはある程度の時間を要するということです。病気を治すのに時間がかかるから絶望しろと言ってるんじゃない。簡単に言えば、あなたが頑張らなくても、ただただ時間が解決してくれる側面が大いにあるということをお伝えしたい。頭脳や頑張りで解決出来ない時は、時間という他力的なものに、問題をどんどん投げうっていいと思います。不安や悩みは、どんどん時間という川の流れに投げちゃえ。捨てちゃおう。実際私はこの10年、病気を治そうということに対してすごく頑張ったつもりですが、病気を快方に向かわせてくれたのは自分の頑張りが3割、時間の経過が7割だったという感触を持っています。もっと頑張らなくてよかった。時間の流れにもっと身を任せてよかった。

 

話は脱線致しましたが、日記を付けるということは色んなことに多用できるのかな、と思います。女性の生理的な問題であったり、アンガーマネジメントをしたい方なんかは、どういうことで自分がイライラするのか観察できるのでは?ダイエットなんかにも、もちろんオススメ。別に目的がなくても、日記を付けるというのは力を与えてくれることだと思っていて、落ち込んだ時に立ち上がっていく様を過去の日記で見つけると嬉しいもんです。短文の日記であれど、当時の情景がみるみる蘇って来たり。
日記を付けることを強くオススメするような文を書いてしまいましたが、長く続けるコツは書きたくない時は書かないということです。正直、毎日毎日、日記を付けるのは面倒くさい。やることがいっぱいの現代人に日記を付けるなんて書く悠長な時間なんてあるかい!という冷めた自分がいたから続いたのかなと。私は手帳の中に空白の期間がたくさんあります。3ヶ月くらい空いてる時期もあります。本当にしんどい時は書けないものだし、今日は書いてみるか〜という軽い気持ちでいいと思います。日記を書くことは、ちょっとだけお得かもしれないというお話でした。

 

次回は【実践編】です。興味のある方はどうぞ。


※今回摂食障害のことをサラッと書きましたが、そんなにサラッとしたものではなかったということは分かって欲しいです。摂食障害の方が、他人のブログで「痩せた」だの、サラッと治すメソッドみたいなものを読むと、自分と比べてしまって悩むことがあると思うから。私も、ドロッとディープな摂食障害ライフを送っていました。また書ける時にそこらへんのことは書こうかな〜と思っています。

 

 

仕事したい

お医者様が集まる会に出席して来ました。
私は元々参加する予定ではなかったのですが、たまにはこういう機会も悪くないだろうと思いまして。高スペックのお金稼ぐマシンの中に、無職のおんぼろロボットが一台入ったわけです。

「(私のことを)どう紹介すればいい?」と聞かれたので、「闘病中でいいんじゃない?」と返したところ、それはダメと言われファッション関係の仕事をしているという体にしました。
ファッション関係の仕事は一応しているものの、内職程度のものですし、それで自立して生活しているわけではないので、堂々と名乗るのがいささか恥ずかしく。何より私自身は病気療養中だと思っているので。
別に「何もしてません」と答えても良かったのでは?人は何かしなきゃいけないのか?「何もしていないこと」は恥ずかしいことなのか?と心の中で舌打ちしたわけです。
多分「何もしていないこと」が堂々と認められるような世の中にならないと、いつまでたっても休むことが許されない世の中だと常々思っています。働き方改革はそこからだ。


ここまで書いたものの、アクティブな活動をされているお医者様の中にいると自分が物足りない存在にも感じたりもして。矛盾してますけど。
自分は障がい者に当たるので出来ることに制限されることが沢山あり、諦めることにも慣れていますが、「仕事をしない自分」はどうしても諦めれないんですよね。どうしても仕事したい。健常者の中を堂々と渡り歩いて一端に稼ぎたい。これは、どうしても消せないわけです。
私がバリバリのキャリアウーマンでも無職でも、別にこのひろい宇宙の中では、どうでもいいことだし、無職のまま死んでもさして問題はないとは重々分かってはいても、仕事をしたいんですよねぇ。


とまぁ矛盾したことを書きましたが、要は私は「仕事はしない」ということももっと大事にされるべきだと思っているし、「仕事をしたい」という自分の気持ちも大事にしたいわけです。どっちも等しく大事にされるべきことだと思っています。

 

仕事したいなら、今すぐ働けという声が聞こえてきそうですし、昔の私なら慌ててタウンワークを開いていたところですが今回は違う。もう焦って失敗しない。焦って面接行って、炎のように仕事して、光の速さで寝込んで辞めてしまわない。このハンデを上手く使い、世の中のアレコレから身をかわす術を身につけて働く方法があるはずだ。ただ今、あんまり良い考えは浮かんでこないけれど。絶対にあるはず、と信じる。

私みたいな人がもっと肩の力を抜いて世の中に参加できたらいいな、健常者の方ももっと休みたい時に休める世の中になればいいなと思う。障がいだけがハンデではない。みんなが大なり小なりの制約に縛られて生きている。

 

仕事っていうのは「したい」「したくない」に関わらず、お金を稼ぐために必要なものですからね。したくなくてもしなきゃいけない人が大多数。そして働くという歯車に絡まって、粉々にされている人も大多数。
ハンデのある私がトライアンドエラーを繰り返しながら仕事をしていくことはとても大事なことだと信じて、明日も生きたいと思います。ということを、お医者様の前で堂々と言ってやりたかったんですけどね。

 

※昔、自分が無職ということを恥じてクヨクヨしていた時、ツイッターのフォロワーさんが「働くことだけが美徳とは思いません!」とピシャリとリプライして下さったのが忘れられません。いつもお仕事でお忙しい方なので余計にかっこよかった…優しき戦士ですよね。そんな人になりたいです。